TOPCDContact



doLuck jazz DLC-27
2,640円(税込)
4月27日発売


 
Last Tango In Paris / Kenichiro Yatoh

矢藤健一郎(ds)
坂本剛(p …1,3,4,7,9,10,11)
斎藤草平(b …3,4,7,9,11), 中山大輔(b …1,10)
小林慎(per …1,2,3,5,6,7,8,9,10)
伴田裕(ts …2,5,8), 深井一也(tp …2,5,8)
西田けんたろう(vln …3,7,9)
臼井麻意子(vib …4,11), 福永貴之(org …2,5,8,12)

2021年11月29,30日 前橋・夢スタジオで録音



■収録曲(試聴できます)
01 Last Tango In Paris
02 Short Story
03 千夜一夜
04 スープカレーの素
05 213 Cha Cha
06 213 Drum Solo
07 Rain Climber
08 Roy Allan
09 A Nightingale Sang In Berkeley Square
10 天と地と血と肉
11 天下茶屋
12 Hack Luck Funk (bonus track)

Producer's Notes

佳き曲、佳き演奏がどんどん飛び出すヤトケンBOX!
 気鋭のドラマー矢藤健一郎(ヤトケン)の初リーダー作をお届けします。このアルバムの制作を立ち上げた当初、どんな作品にしたいかを尋ねてヤトケンから返ってきたのが、このアルバムでした。ピアノトリオ*パーカッションあり、2管編成あり、バイオリンあり、ヴィブラフォンやオルガンあり…。曲もハードバップあり、ラテンありと、まさにジャズのヤミ鍋状態。
 でも、これ全部がいまのヤトケンなんです。彼がおおいに悩み、夜も寝ないで考えて考えて考えて考え抜いた結果が、この曲と、楽器編成と、演奏メンバーの組み合わせ。だからこのアルバムからは、佳き曲、佳き演奏が、あとからあとからどんどん飛び出してきます。まるで彼のアタマの押し入れにしまい込んであったおもちゃ箱を引っ張り出してひっくり返したような、まさに“ヤトケンBOX”というべきなのが、このアルバムです。
彼の夢を具現化するために結集したのが、上の写真にある9人の精鋭、俊英たち。アルバムのラスト、ボーナストラックはヤトケンがホームグラウンドとしてお世話になっている横浜・関内の『酔いどれ伯爵』で、感謝を込めて収録したもの。そんなヤトケンの優しさや真面目さ、音楽に向き合う不断の努力を知っているからこそ、この9人はひと肌もふた肌も脱いでくれました。
 確かに曲想も編成もバラバラなこのアルバムに、一本筋が通っているところが、ヤトケンのリーダー作たる所以だと思う。ということで、彼のおもちゃ箱のようなアルバムを貫く、ヤトケンが叩き出すグルーヴに、存分に酔いしれてください。

doLuck Jazz 平井清貴